NPO法人で働く

NPOとはどういう団体か

最近よくNPOと言う言葉を聞きますが、どのような団体でどういった活動をしているのか、詳しく知っている人は多くありません。そこで、どのような組織なのかその特徴について、説明します。

 

NPOとは、「Non Profit Organization」の略称で、非営利組織の事を指します。もう少し詳しく書くと様々な社会貢献活動や、慈善活動などを行う市民団体の事です。利益を目的としない組織なので、事業で得た収益は様々な社会貢献活動や、慈善活動に充てる事になっています。そしてNPO法人とは、特定非営利活動促進法に基づいて設立された法人の事です。
法人化するには、法律に定められた書類を揃え、内閣総理大臣または都道府県知事に設立の認証を受ける事が必要です。ボランティアと同じ物と考えている人がいますが、特定の公益的な物や、非営利の活動をするNPOと自発的に活動をする個人や団体であるボランティアでは全く別の物です。活動内容は、様々あり街並みの保存や、里山を守るなどの地域的な活動をする団体から、地雷除去や、虐待防止などの社会的な活動をする団体まであります。

 

そしてこの中で、一定の基準を満たしている団体は所轄庁の認定を受け、認定NPO法人として活動をする事ができ、税制上の優遇措置を受けられるなどのメリットがあります。全国にある地域的な活動から、社会的な活動まで様々な団体がありますが、その中で活動に共感し、その活動に参加したいと考えた時、参加の方法としては直接参加する方法があります。そして直接活動に参加出来ない人でも、団体に寄付をする事で支援と言う形での参加をする事も出来ます。

 

すでにある団体の活動への参加ではなく、自らが社会貢献活動を行う為に特定非営利活動法人を設立し運営する事で、活動していくという方法もあります。活動に興味がある人などは、活動内容を掲載しているWebサイトなども数多くあるので、情報を収集してみてはいかがですか。